スーパーフェローデッキ

ケンテック株式会社 > スーパーフェローデッキ
スーパーフェローデッキは工事の安全性強化、省力化、合理化、工期短縮を実現できる床用デッキです。
倉庫・工場などの鉄骨造建築には【スーパーフェローデッキ+連続支持】が最も有効です。
デッキ施工時の安全性、中間梁上での優位性、荷揚げピースの減少、工期を短縮ができるなどの多くのメリットがあります。
異形コイル鉄筋3本と底板デッキで構成された三角断面(K型トラス)の鉄筋付トラスと合成スラブで構成するデッキプレートです。

スーパーフェローデッキの特長

底板デッキとともに閉じた三角断面を構成しています。
これにより形状構造が安定しているので、厚さ300mm迄のスラブに使用できます。
バーインコイルから製造する為、12m迄の長尺トラスができます。少ない揚重作業で一気に多スパンの型枠施工と主筋の配管が完了!

三角トラスが抜群の強度を発揮!

他の配筋付デッキに比べ、トラスの安定性が飛び抜けて高い製品です。(仮設作業時の歩行などにも支障を来すことがありません)

関東地区最大の配筋付デッキ生産工場!

月産10万m2製造可能なデッキ生産工場です。
大型案件においても問題なく対応できます。

連続支持を得意とする唯一の配筋付デッキ!

配筋付デッキ中で【強度抜群の三角トラス+取り回しが容易な400幅の軽量デッキ】スーパーフェローデッキだからこそ、可能な工法です。

【スーパーフェローデッキ + 連続支持】のメリット

■デッキ施工時の安全性
通常30mm程しか梁にかからない単純支持に比べ、飛躍的に安全性が向上します。
■中間梁上での優位性
デッキ主筋が途切れないため、現場での連結筋を軽減。現場負担のコストダウンができます。
※通常の単純支持の場合は上端主筋の連結のみですが、上下主筋の鉄筋が継ぎ手なしで配筋できます。
ヒビ割れ等がない高品質な床になります。
■荷揚げピースの減少
単純支持の場合は3m程度のデッキを複数回に分けて行いますが、連続支持の場合は長尺デッキにより荷揚げ回数が
グンと減少します。
■工期が短縮
長尺デッキによりデッキ荷揚げは勿論、デッキ敷き込みも従来の単純支持に比べ圧倒的に早く、工期の短縮が可能です。このため他作業の工程がスムーズになり、全体的な工期短縮も可能となります。

【スーパーフェローデッキ + 連続支持】のメリット

支持スパンが大きくなるほどスラブも厚くなるので、その分鉄筋トラスの高さも増し剛性、耐力が確保されるので、
少ない支保工で簡単に厚いスラブを構築できます。

■1スパンで支持

■2スパン以上で支持

■支保工で中間支持

簡単な設計方法

鉄筋トラスが安定しているので、床スラブと型枠機能時は独立して設計できます。

■床スラブの設計

■型枠の設計

耐火性に優れた床スラブ

底板デッキが火災時の火炎を防ぐとともに、温度のムラを無くすので、局部的損傷も無く、優れた耐火性能が得られます。
耐火性に優れた床スラブ SFデッキ試験体 耐火試験

スーパーフェローデッキ 製品仕様

形状

配力筋方向(デッキ長手方向)
S造:底板かかり代 30以上
RC造:底板呑み込み代 10以下
むくり:コンクリート打設時のたわみを少なくするために、スパン長の4/1000(5mを超える場合は20mm)を
目標に、むくりをつけています。

呼称

種類

使用材料

高耐食性を要求される場合は日新製鋼株式会社の高耐食性溶融亜鉛めっき鋼板ZAM-Z08-80g/㎡を使用できます。

■上・下弦材

材料 JIS G3112(鉄筋コンクリート用棒網) SD295A
設計基準強度 F値(N/mm) 295

■ラチス材

材料 JIS G3532(普通鉄線) SWM-B
設計基準強度 F値(N/mm)

■底板デッキ

材料 JIS G3302(溶融亜鉛めっき鋼板) SGC400 めっき付着量 Z12-120g/㎡
設計基準強度 F値(N/mm)
直天など天井面の変色を問題視する場合はZAMをご使用ください。
屋根材に使用する錆にも強い材料を床用にも使用可!!
高耐食性溶融亜鉛めっき鋼板ZAM
※「ZAM」は、日新製鋼株式会社の登録商標です。
※「ZAM」は、日新製鋼株式会社が開発した溶融亜鉛Zn-アルミニウムAl-マグネシウムMg合金めっき鋼板の商品名です。

スーパーフェローデッキの製造工程

1.材料受入

Dバーインコイル 亜鉛鉄板コイル

2.製造工程

デッキ形成ライン トラス形成ライン
鉄筋トラスと底板デッキの溶接 製品梱包

3.製品出荷

製品保管・出荷 建設現場へ

小梁ユニット工法(陸組積層方式)

速さ・強さ・安全・合理性・経済性に優れた工法です。
施工手順:施工計画→デッキ搬入→仮置き→現場加工→敷き込み→施工階へ揚重
1.デッキ陸組架台に梁の仮置き墨に合わせて置くこと 2.デッキ敷き込み ツメが入っているかを確認する
3.アイボルト取付穴位置の寸法出し 穴あけ、寸法を合わせて固定、溶接の確認 4.アイボルト取付穴 梁をガスで傷つけないように要注意
5.小梁ユニット 新工法を実現可能にするユニット 6.アイボルト装着
7.陸組したデッキ 仮置き、転倒防止 8.吊り治具装着作業
9.装着後揚重へ 10.デッキ揚重
11.堅牢しかも軽量、本デッキだけが持つ優れた特長を発揮 12.施工階へ
13.揚重したデッキを施工階に 14.デッキをセット 大梁に地組小梁ユニットをセット (正確に・確実に・効率的に)
15.デッキ敷き込み完了
1.デッキ陸組架台に梁の仮置き墨に合わせて置くこと
2.デッキ敷き込み ツメが入っているかを確認する
3.アイボルト取付穴位置の寸法出し 穴あけ、寸法を合わせて固定、溶接の確認
4.アイボルト取付穴 梁をガスで傷つけないように要注意
5.小梁ユニット 新工法を実現可能にするユニット
6.アイボルト装着
7.陸組したデッキ 仮置き、転倒防止
8.吊り治具装着作業
9.装着後揚重へ
10.デッキ揚重
11.堅牢しかも軽量、本デッキだけが持つ優れた特長を発揮
12.施工階へ
13.揚重したデッキを施工階に
14.デッキをセット 大梁に地組小梁ユニットをセット (正確に・確実に・効率的に)
15.デッキ敷き込み完了

お問い合わせはこちら

お電話または、メールフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい。